Welcome

よくあるご質問

  

 コース内容について 

 

Q1. オススメのコースはありますか?

A1. 少人数一斉授業コースがおススメです。

・指導教科数が多く、5教科合計の総合成績が上がりやすい

・そのわりに料金はお手ごろ

・他の子たちと一緒にもまれるので人間的にも鍛えられる

・他校生の様子が見えるので、受験時に他校生と勝負するイメージが持ちやすい

・友達と一緒に頑張れる

等がその理由です。

ただし、こちらのコースは授業についていくための力と根性がある程度必要です。

学年順位が真ん中に届いていない方には他のコースの方が安心です。

(3年生は標準と応用の2クラスに分かれますので、やや自信のない子でも大丈夫です)

 

 

Q2. 途中でコース変更はできますか?

A2. できます。

たとえば、

はじめの2か月ほどは1対1個別コースで苦手教科の土台を作り、

授業を理解するための土台ができたら少人数一斉コースに移る

というパターンはよくあります。

 

 

Q3. 中3生の授業は考査と入試のどちらに照準を合わせていますか?

A3.

6月まではおもに考査、7月以降は徐々に入試に向けた内容にシフトしていきます。

また、標準クラスよりも応用クラスの方が入試寄りです。

おそらく標準クラスは一般的な塾様と同じくらいのバランスで、

応用クラスは一般的な塾様よりも入試寄りかと思います。

 

 

Q4. 勉強が苦手なのですが、塾に入った後ついていけますか?

A4. 大丈夫です。力のある子から勉強の苦手な子まで、それぞれに合ったコースを選べます。

「完全1対1個別指導コース」はレベルやスピード等その子だけに合わせますので安心です。

「自立型個別学習コース」も、他の子のペースに合わせるのでなく、その子だけに個別最適化されたプログラムで進めます。

「少人数一斉授業コース」は勉強が苦手な子にはちょっと厳しいですが、頑張ろうという強い気持ちがあればご相談にのります。

入塾の際には個別で面談し、コース選択についても一緒に考えています。遠慮なくご相談ください。

 

 

______________________

 

 

 通常授業以外のサービスについて 

 

Q5. 考査対策はどのようにしていますか?

A5. 考査の2週間前から、2時間×最大5回までの考査対策授業を無料で追加します。

考査範囲の確認単元テストで穴を発見し、その穴を埋めるように指導を加えます。

基本的に自立形式で行い、わからないところを講師が教えてまわります。

塾で用意したものをひととおり制覇した子は学校の材料を持参して質問します。

普段は部活動で忙しくて通塾回数を増やすのが難しい子でも、部活動停止期間に追い込みが利くように応援します(もちろん普段から実力をつけておくのが理想ではありますが)

 

 

Q6. 塾の授業のない日でも自習に使って良いですか?

A6. 大歓迎です。好きなだけご利用ください。

塾のあいている時間であればいつ来ていつ帰ってもOKです。

たとえば送り迎えの時間が授業時間とぴったり合わない場合は、待ち時間を自習に使うのがおすすめです。 

 

 

______________________

 

 

 授業日時や休業日について 

 

Q7. 休業日はいつですか? 

A7.

基本的には日曜日が休みです。

月~土のすべての曜日が月に4週分の授業回数になるようにしています。

・祝日を休みにすると授業回数が4週分確保できなくなる曜日は、祝日でも塾があります

・授業回数が5週分出現する曜日は、月に1回お休みにします

2021年度年間休日カレンダーはこちら

→ pdf 年間休日カレンダー (0.21MB)

 

 

Q8. 授業の曜日や時間を教えてください

A8. 

◆少人数一斉授業コース…各コースのページをご覧ください

◆完全1対1個別指導コース…下記のうちお好きな曜日と時間を選択

月~金曜日 17:30~18:50、19:00~20:20、20:30~21:50

土曜日は上記の他に 14:00~15:20、15:30~16:50も可能

※当塾の個別コースは完全1対1のため、同時に複数の生徒を見ることができません。

そのため完全1対1個別コースは第1希望の日時が埋まっている場合があることをご了承ください

◆自立型個別学習コース…下記の範囲でお好きな曜日と時間を選択(1コマ90分)

16:00~22:00(土曜日は14:00~)

自立型個別学習コースは日時の制約がほとんどなく、非常に自由がききます

 

 

Q9. 日時を後から変更できますか?

A9. できます

部活動や送迎の事情が変わることは普通にあり得ることです。遠慮なくお申し出ください。

 

 

______________________

 

 

 費用について 

 

Q10. 教材費は毎月支払うのですか?

A10. いいえ。年度に1回です

 

 

Q11. 月の途中から入塾した場合、その月の授業料はどうなりますか?

A11. 残りの授業回数に応じて計算します

たとえば、

その月にすでに2週分の授業が終わっていて、残り2週分の授業に参加する場合、

1回目の授業…無料体験扱い

2回目の授業…有料 となり、

初月の授業料=月の授業料×4分の1 というようになります。

 

 

Q12. 月々の授業料と年間の教材費以外に、かかる費用はありますか?

A12. 入塾金が10,000円かかります

それ以外にはありません。

・冷暖房費や設備管理費…0円

・考査対策追加授業…0円

上記の他に追加でかかる可能性のあるものは

・夏期冬期の追加講習(希望制)

・全県テスト(希望制)…1回4,000円

以上ですべてとなります。

希望していない追加費用が勝手に取られるということは一切ありません。

 

 

Q13. 夏休みや冬休みの講習費用はどうなっていますか?

A13. 夏休みや冬休み中も、通常と同じ料金で、曜日や時間も変えずにそのまま授業をしています

ただし、追加講習をご希望の方には有料で実施しています。

たとえば、

「苦手分野だけピンポイントで個別指導を4回受けたい」

「時間がたっぷりあるのでこの期間だけ自立学習コースを通い放題にしたい」

等の組み方が考えられます。

このような場合の追加料金も通常と同程度です。

 

 

Q14. 高校受験までと考えているのですが、中3の3月の授業料は1か月ぶん全額払わなければいけないのですか?

A14. 中3の3月の授業料は、県立高校入試までの授業回数に応じて計算しています。

たとえば、

・月に8回授業のある子が、3月は1回だけの場合…月の授業料×8分の1

・月に4回授業のある子が、3月は1回だけの場合…月の授業料×4分の1

のようになります。

もちろん高校に行っても志路ゼミナールに来てほしいですが、

無理な勧誘等はせずにいったん高校入試までで授業料を精算としています。

そのまま高校部に継続の子もいれば、高校生活に慣れてからまた戻ってきてくれる子もいて、とても嬉しい気持ちになります。

 

 

______________________

 

 

 その他 

 

Q15. どんな学校の生徒が通っていますか?

A15. いろいろな学校から来てくれています。

東中、大館中、湊中、白銀南中、白銀中、一中、鮫中、小中野中、是川中、階上中の子がいます。